2010年11月20日

社会の教科書でその写真を見たことのある人

ロハスという言葉が日本に入ってきてまだ間もないですが、

この言葉があちこちで聞かれるようになり、

日本人も地球環境を守ることに積極的に

ならなくてはいけないのだな、と感じるこの頃です。

このロハスという生活概念は海外から影響されて始まったように思われがちですが、

もともと日本にもすばらしいロハスな生活がありました。

ロハスな暮らしと聞くと自然の中で木の家(ログハウス)に住む

というイメージが漠然と浮かんできますが、このログハウスにしても、

丸っきり海外からやってきたものではないのです。

その例が奈良県の東大寺にある正倉院です。

社会の教科書でその写真を見たことのある人、

また校倉造(あぜくらつくり)という言葉がテストに

出題されたりして記憶に残っている人もいるでしょう。

正倉院の構法はログハウスと同じもので、

築1200年以上にもなる現在でも見事に存在しています。

このように丸太組建築は日本にも古くから存在していたのです。

もともと日本では住居と言えば木造でしたから、

海外からログハウスが紹介されても違和感なく受け入れることができたのでしょう。

以前ログハウスは特殊建築物とされていたため、

建てるには建設大臣の認定が必要でしたが、

規制緩和により法律上も建てやすくなったことでどんどん普及してきました。

今はたくさんのログハウスメーカーがあり、

住宅地への建築も可能になったことでより身近な存在として

ログハウスが建てられるようになりました。

今後も日本の風土にあったログハウスがさらなる進化を続けていくことでしょう。



リンク集


褒め言葉をもらえば、それだけで2ヶ月間幸せに生きられる


「忙しい」と「頑張ります」は今すぐ封印


『人生には色んなことが起こります!』


インターネット集客法で儲かる・儲からないの違いとは?


集客のシステムが分かれば成功は簡単!


海外版ネットワークビジネスが今すばらしい!徹底検証!


中高年のネットワークビジネスは田舎暮らしでのんびりと!


悪徳商法が中高年や大学生の就職難を襲う


世界不況でも成功できるビジネスがここにある


「楽しく稼げる在宅ワーク」がここにある!


続ければ良いんですよ


いただきます


中毒性の食事


肥満遺伝子は関係ない






posted by チー at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。