2011年07月09日

大雨の時は、屋根に雨が当たる音が

ロハスという言葉が世界的に広がりを見せ、地球にやさしい暮らし方が
さまざまな方面で提案されるようになりました。


自然を大切にし、無駄な買い物はせず、ゴミを極力出さない、
など小さなことでも自分が持続してやっていけることから始めれば、
誰でもロハス生活は送れると思います。


しかし中にはログハウスを建ててしまうほど本格的にロハスな
暮らしを送ろうという人もいます。


ログハウスと言えば、少し前までは別荘のイメージがありましたが、
最近では普通の住宅地でも見かけるようになりました。


別荘としてだけでなく、住宅としてログハウスを選ぶ人が
増えてきているのですね。


でも実際に毎日の暮らしをそこでするとなると、
何か不便なこともあるのではないか、と気になりますよね。


暮らしてみないとわからないことがたくさんあるでしょう。
そこで、実際にログハウスで暮らしている人の意見を
いくつか紹介したいと思います。


●夏は涼しく、冬は暖かく、住み心地は大変快適である。

●大雨の時は、屋根に雨が当たる音が直に響くので始めは気になる。

●建物がどっしりとしているので、台風や地震には強いように感じる。

●定期的に壁の塗装などのメンテナンスが必要である。

●虫が多い気がする。(これは住んでいる場所によるでしょう)

●収納が少ないので、荷物の整理に工夫が必要である。


これらの意見は、パッと見不便そうに見えてもログハウスで暮らすゆえの
楽しみと捉えればメリットにもなりますし、
ログハウスでの暮らしに何を求めるかにもよると思います。


いずれログハウスを建てて暮らしたい、と考えている人は、
実際にログハウスで暮らしている人のもとを訪れて話を聞く
機会があるとよいですね。



リンク集

あのロバートキヨサキはこのように言っています。


ネットワークビジネスのリスク


携帯電話が印税的権利収入になります!


新たな収入源を得るライフスタイル


ネットワークビジネス推進連盟の役目


法律は絶対的なものか?


ビジネス起業のリスクは何なのか?


中高年よ、これからはネットワークビジネスで楽しい人生を!



posted by チー at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑誌でもよく見かけるようになりました

みなさんは「ロハス」という言葉を聞いたことがありますか?

ロハスな暮らし、ロハス住宅、ロハスな人などなど、

雑誌でもよく見かけるようになりました。

「ロハス」というのは「Lifestyles Of Health And Sustainability」

の頭文字をとった言葉で、直訳すると「健康と持続性の生活スタイル」

という意味になります。

これは心と体と環境のことを考えた生活を送ることで、

世界的に広がりを見せているライフスタイルです。

身の回りの小さなこと、自分にできることを何か見つけて始めたり、

中には思い切って住みなれた都会を離れ田舎暮らしを始める人もいます。

田舎暮らしと言ってもその土地に定住するパターンと、

週末だけそちらに通って別荘生活を送るパターンとがあります。

別荘と聞くとログハウスなんかが思い浮かびますよね。

ログハウスは自然に溶け込んで、

そこに暮らす人の心とからだをいやしてくれます。


リンク集


あのロバートキヨサキはこのように言っています。


ネットワークビジネスのリスク


携帯電話が印税的権利収入になります!


新たな収入源を得るライフスタイル


ネットワークビジネス推進連盟の役目


法律は絶対的なものか?


ビジネス起業のリスクは何なのか?


中高年よ、これからはネットワークビジネスで楽しい人生を!



posted by チー at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。